えこ便ブログ

2019-07-07

西日本豪雨から1年が経ちました

西日本豪雨から約1年が経ちました。
被災されたみなさまに心からお見舞い申し上げます。

1年前の7月7日、えこ便は臨時休業させていただいておりました。
私は、東京に出張した帰りに新幹線が止まって広島に帰れなくなった兄とともに
雨が降り続く6日の夜を寝れずに過ごしたことを今でも覚えています。
寝られない中で、実家が水害にあったことを思い出しました。

高知県出身の私は、1998年に集中豪雨によって実家が浸水の被害を受けました。
まだ5歳でしたが、じわじわと迫ってくる水の恐怖は今でも忘れることができません。
その際、私たち家族が学んだことは「垂直避難」の重要性でした。

近所の方から「もうその辺は浸かっちゅうで!」と教えてもらったとき、
水は大人の膝の高さくらいまで迫っていました。
雨は降りやむことがなく、どんどん水の高さは増す一方だったので
父が避難所への避難は危険と判断し、自宅の2階への「垂直避難」を選択しました。

1階の床上1メートルほど浸水しましたが、2階まで水が来ることはなく、家族は全員無事でした。
それは、父がはやめに「垂直避難」を促してくれたことと、近所の人の声掛けがあったからだと思います。
水害に対して「垂直避難」をすれば絶対に助かるということではないかもしれませんが、
避難方法の1つとして覚えておくことが重要だと思います。

最近では、鹿児島県南部で集中豪雨がありました。
いつ、どこで自分や大切な人が被害にあうかはわかりません。
西日本豪雨のような大規模な災害がまた起こったときに
少しでも被害が減るように、改めて災害について考えようと思いました。

被災されたみなさまが、1日でも早く平穏な生活を取り戻せるようにお祈り申し上げます。
がんばろう岡山!

以上、森でした。

↓↓↓こちらの動画、ぜひご覧ください!↓↓↓
ヒラキンch「HIRAKIN MESSAGE MOVIE Vol.3 太陽光パネル再資源化プロジェクト」
多くの方々にリサイクルの最前線の取組みを観ていただきたいと思います。ぜひご覧ください♪
 

一覧へ戻る