えこ便ブログ

2020-05-30

スプレー缶の不思議

スプレー缶のことで前々から気になっていたことがあります。

缶に穴を空けると、ときどき缶が冷たくなるのですが「なぜなんだろう?」と思っていました。

今回せっかくなので少し調べてみました!
しかし、すぐ調べるだけでは面白くないので、調べる前に自分なりに仮説を立ててみました。

仮説「中のガスと空気が触れて、よく分からない化学反応が起きるから」
と、普段使わない頭を使って考えましたが、結局よく分からない仮説が出来ました。

そして調べてみると、
スプレー缶に使われるガスはLPGというものが使われているそうです。(LPガスともいう)
そのガスは液体のままスプレー缶に封入されています。
しかし、LPGの沸点は約-42度ととても低く、普通に缶に入れてもすぐ気体に戻ってしまいます。
なので、高い圧力をかけて缶に入れることで、室温と同じ温度でも液体のままで封入できるらしいです。

そして、穴を空けると圧力が低くなり、すぐ液体から気体に変わり周りの熱を奪い、冷たくなるそうです!

うーん、難しいですね!
この気体になったときに周りの熱を奪う原理は、日常では「打ち水」が一番身近だと思います。
朝や夕方に打ち水をすると、周りの空気が冷えて涼しくなりますよね。

仮説はまったく合っていませんでした(笑)
しかし、分からない事はまず考えてみると頭のいい体操になると思います。
なんでも調べる前に考える癖をつけていこうと思いました!

そして、最後に私からお願いが1つあります!
えこ便でガス缶やスプレー缶を出す際には、必ず穴を空けてからお持ち込みください!
よろしくお願いします!



以上、並木町局の山本でした!
 

  ↓↓↓動画が新しくなりました!↓↓↓
ヒラキンch「HIRAKIN MESSAGE MOVIE Vol.4 recycle+music2」

えこ便に集積されたさまざまな資源たちに「魂の音」を吹き込み
一度は役目を終えた資源たちが再び「かっこいい音」として生まれ変わっています♪
ぜひご覧ください♪

一覧へ戻る

カレンダー

2020年7

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
≪6月 8月≫