えこ便ブログ

2023-12-06

432Hzの世界

こんにちは、ミヤモトです。
 
Hz(ヘルツ)という言葉を一度は聞いたことがあるのではないかと思います。周波数、つまり振動ですね。
 
さて、ここからミヤモトワールド全開で行きます。
 
世の中のありとあらゆる、認識している全てのものは固有の振動・周波数があります。
 
もちろん良い周波数、悪い周波数もあるわけで。
 
今日は音と結びつけてお話ししたいと思います^_^
 
ブログのタイトルにもある432Hz。
432という数字は、
 
・エジプトにあるギザの大ピラミッドは
地球の北半球の1/43,200の縮図
 
・マヤの12トゥン(マヤ歴の単位)は
4,320日
 
・インドの聖典リグヴェーダの全音節数は、
432,000音節
 
・太陽の直径は864,000マイル
つまり864=432×2×1,000
 
・太陽が歳差運動により60度(黄道の星座
二つ分)移動する年数は4,320年
 
まだありますが、このように天体や古代の智慧に深く関わっています。
 
古代ギリシャの楽器は432Hzにチューニングされていたと伝わっています。
また、イタリアの大作曲家ヴェルディは、イタリア政府に、A=432Hzに統一するように手紙を出したそうです。
 
そして神秘思想家、哲学者、教育者としてあまりにも有名なシュナイターは、
「A=440Hzの音調は、人類の
未来を悪魔が支配する世界に変える
だろう。
逆にA=432Hzは、愛と
調和の世界に人類を導く」という言葉を残しています。
 
今日現在、世界の基音は… 440Hzです。
音楽、テレビ、ラジオ、楽器、全て440Hzが標準となっています。
 
私たちは常に440Hzの音を聞いているということです。
440Hzは宇宙のリズムや、自然のリズムと調和しておらず、不健康の状態を引き起こし、
反社会的な行動を生むという研究結果もあるそうです。
そしてチャクラとも衝突し、インスピレーションなどを抑制してしまうとか(ToT)
 
自然界と調和する432Hzが基音とならず、
なぜ440Hzが採用されたのか、今後調べる必要がありますね。
 
 
ということで、432Hzで曲を作っている、誰もが知っているスーパースターや、日本の歌手の方もいるので、
皆さんぜひ聞いて、忙しない12月を穏やかに過ごしましょう^_^



↓↓↓動画が新しくなりました!↓↓↓
ヒラキンch「HIRAKIN MESSAGE MOVIE Vol.4 recycle+music2」

えこ便に集積されたさまざまな資源たちに「魂の音」を吹き込み
一度は役目を終えた資源たちが再び「かっこいい音」として生まれ変わっています♪
ぜひご覧ください♪
https://youtu.be/qTVUjku-6Pk

一覧へ戻る

カレンダー

2024年2

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
≪1月 3月≫

アーカイブ

えこ便チャットボット、ご相談ください